Help Center ようこそ、ゲストさん ログイン

低遅延ビデオ

最終更新: Aug 23, 2018 12:28PM PDT
この記事では選択式の低遅延ビデオベータ版について説明します。

低遅延ビデオ

この記事では選択式の低遅延ビデオについて説明します。

配信者と視聴者のより活発な交流を実現するため、選択式の新機能「低遅延ビデオモード」のベータテストを行います。

視聴者と交流するには低遅延であることが重要です。遅延が低くなるほど、視聴者はチャットに対する配信者の反応を早く見ることができます。

低遅延モードのテスト中に、フィードバックや気になる点、問題などがございましたらぜひご報告ください。

通常、遅延と再生バッファリングはトレードオフの関係にあり、遅延が減少すると再生バッファリングが増える可能性があります。これは、再生デバイス上でバッファ処理されるビデオが少なく、ビデオデータのダウンロードに中断があればデバイスがバッファ処理を行うからです(例、ビデオデータのダウンロード待機中)。低遅延モードで高品質のビデオ再生を維持するために、Twitchでは各視聴者のネットワーク状態を考慮して、そのユーザーにスムーズな再生を提供できる場合にのみレイテンシーを下げています。即ち、接続状態が良好な視聴者は、そうではない視聴者に比べて遅延の低い状態になります。

目次(クリックでジャンプ):

低遅延モードを有効にする方法

コンテンツそのものや、拡張機能、その他のメディアに基づく交流を中心としているチャンネルには、低遅延モードをオススメします。交流をさほど重視していないチャンネルには、最適なビデオパフォーマンスを実現するため通常遅延モードをオススメします。

低遅延モードを有効にするにはダッシュボードを開いてください。ダッシュボードで設定からチャンネルを選択します。表示された最適化オプション画面で低遅延を選択してください。この設定を有効にすると、次回の配信時から低遅延が有効になります。進行中のライブ配信に設定が適用されることはありません。

よくある質問

  • Q. 低遅延に関するフィードバックを送れますか?
    • A. フィードバックやご意見などを、ぜひご報告ください。こちらのフィードバック・フォームに内容を記入して送ることができます。
  • Q. 視聴者はどうすれば低遅延配信を見ることができますか?
    • A. 低遅延配信を視聴するには、対応ブラウザ/プラットフォームを使用していて、配信者があらかじめ低遅延を選択している場合に限られます。
  • Q. 低遅延モードに対応したブラウザ/プラットフォームを教えてください。
    • A. 現在、開発チームは対応ブラウザ/プラットフォームを増やすべく鋭意努力しております。現段階では、パソコン版Chromeを使用している視聴者のみが低遅延配信を視聴できます。また、モバイル版、コンソール版、TVデバイス版についても現在未実装です。
  • Q. 低遅延配信を視聴中に、映像の品質が異常に低くなってしまう場合はどうすればいいですか?
    • A. 視聴者はビデオプレーヤーの設定内で切り替えることで、低遅延モードを無効にすることができます。この機能はベータ版ですので、現時点ではすべてのユーザーが利用できるわけではありません。

      設定-> 詳細設定にアクセスして、低遅延モードを切り替えることができます。

  • Q. 低遅延モードで配信中に、映像の品質が異常に低くなってしまう場合はどうすればいいですか?

    注:変更を適用するには配信を再スタートさせる必要があります。

    • A. 最近低遅延モードを有効にされた場合は、以前の設定に戻すことで改善されるかお試しください。
  • Q. 視聴中のチャンネルの遅延はどこで確認できますか?
    • A. 詳細設定 -> ビデオデータでプレイヤーのビデオデータをご確認ください。